無料ブログ作成サービス JUGEM
←prev entry Top next entry→
働いていただいているということ
この仕事をしていると、ほんっとうに様々な仕事の方のお話を聞かせて頂きます。以前、三重県で働いていた頃は、農業・漁業・林業の方ともたくさんお会いしました。名古屋に来てからは、役所、先生、内装業、工場、スーパー、ファミリーレストラン、設計、電車の駅員さん、コピーライター、演奏家、建設業、宅急便、新聞配達、看護師、タクシー、医師、事務職、営業などなど(さん、〜の方を略しています)・・・。いつもできるだけ、患者さんのお仕事を詳しく聞いて、その方が働いている様子を思い浮かべます。私の仕事の内容は、受診したことの無い人でも、何となく想像できると思います。話して、薬出すのかな?なんてイメージでしょうか。催眠術かけれますかときかれることがありますが、残念ながら、それはできません。しかし、社会には仕事の内容が想像しにくい職種がたくさんあります。お話をきいていて、最初は、分かりにくいのですが、徐々に分かってくると、あー私の生活のこういうところで役立ってもらっている仕事だー。と思うことがあります。そして、ほとんどの方の仕事が、何らかの形で、私の生活を支えてくれていることが分かります。メンタルクリニックですから、皆さん、お仕事の悩みや、疲れを話されるわけです。もちろん、人は生活のために働いているのですが、その人達の仕事上の苦労を聞いていると、働いていただいていることに心から感謝を感じることがしばしばあります。例えば身近なところでは、宅配便の配達員さん。重い荷物を持ってマンションの上の方まで来てくれます。でもクリニックにいる私は昼間は不在。またその重い物を持って車に戻り、その後帰宅して不在票を見た私が、家から電話をしただけで、再び持って来てくれます。少し遠いところでは、飛行機製造の技術者さん。わずかなミスが人命に関わることや、作業の失敗によって莫大なコストがかかってしまうという重圧の中、不規則勤務をこなしているのです。そういう人達のおかげで、私達は、あんな大きな鉄の塊に乗って、平気で遠くに行くことができるわけです。働く意欲を継続させるのに必要なものって何でしょう。もちろんお金。これがないと生きていけません。しかし、お金だけでは、その仕事を続けていこうという心は折れてしまいます。誰かの役に立っているという感覚が、その人を力づけるのではないでしょうか。そして、仕事の形態によっては感じにくいかもしれませんが、仕事をしている以上、何らかの形で誰かの役に立っていると思います。私は、働いている人と自分が関わったら、ありがとうをどんどん言うようにしています。レジでお金を払う時、バスを降りる時、飲食店で店員さんがお水をくんでくれたとき・・・などなど。外来診療をしていく中で、いろんな方の仕事の苦労話を聞けば聞くほど、社会で働いている人達がいとおしく、ありがたい存在に思えてくるのです。
| - | 長久手メンタルクリニック |
スポンサーサイト
| - | 長久手メンタルクリニック |