無料ブログ作成サービス JUGEM
←prev entry Top next entry→
広島旅行
ブログを読んで下さっている患者さんから、「グルメや旅行のことも書いてみて下さい!」と言っていただくことがよくあります。「そうですね〜。そういうのも書いてみますね〜」というものの、ブログに載せるほど珍しいものを食べていませんし、旅行は休みがないので、全くといっていい程最近は行っていません・・・。が、先日、広島へ娘と行ってきました。一泊とはいえ、かなり久しぶりの旅行でした。

なぜ広島か?。娘がやっていた国語の教材の中に、広島の原爆のことが書かれていたからです。教材を終えた後に、娘から沢山質問されました。戦争って何?原爆って空襲とどう違うの?テレビで見たことある原爆ドームって、どうしてあんな形なの?このお話みたいに、広島の人はみんな大変だったの?亡くならなかった人もいたの?など。
今までの自分の知識で答えたものの、問われてみれば、自分も正確に理解していない。そもそも、学校の勉強以上の知識がありません。そこで、二人で図書館へ行き、原爆についての本を何冊か借りました。
私は、大人向けの本を読んで、歴史的・科学的なことも含めて学び、娘は、子供向けの原爆体験を、衝撃を受けながら読みました。

そして、広島に行ってきました。車両・職員ともに大きな被害を受けながら、被爆後3日で復旧したという路面電車に、感慨深く揺られながら、平和公園に到着しました。私は、大学生の時にも資料館を含めて訪問していますが、今回は自分なりに学習してから行ったため、考えさせられることが多かったように思います。
被爆者の方々の手記を多く読んだこともあり、平和公園全体が、お墓のように思え、その上を歩くことも、そこで笑顔をつくることも憚られるような気がしました。そして、生きて、その地面の上に立っている自分という存在を強く意識しました。
これから広島に行く予定のある方は、是非、しっかりと学習してから行かれることをお勧めします。
 
普段の診療の中では、日常的に「死」をテーマとして扱っています。しかし、今回ほど、死ぬこと、生きること、健康であること、そして、平和であることを考えさせられたことはなかったように思います。 「私、平和ぼけしていたかもしれない」と反省してからは、日常の愚痴や不満がどこかに飛んでいった気がします。 (今のところは。。。ですが。)
| - | 長久手メンタルクリニック |
スポンサーサイト
| - | 長久手メンタルクリニック |