無料ブログ作成サービス JUGEM
←prev entry Top next entry→
お手紙ありがとうございます
 春ですねー。 とはいえ、すでに桜も散ってしまいましたね。

私のメンタルクリニックは、名東区、長久手町、日進市から受診される方が多いので、転勤族の方が多くおみえです。そして、大学が多い地域ということもあって、大学生の方もたくさん通われています。

春ということで、転勤されたり、就職に伴って転居されたり。
転居を機に、通院を終了できれば、一番良いのですが、継続して通院の必要な方は、情報提供書という今までの診療内容を書いた文書を持っていっていただきます。
それまでのカルテを見つつ、その時の治療の状況を思い出しながら作成します。
私のポリシーから、当院はまだ紙カルテです。ですから、ページをめくりつつ以前の治療記録を読み返していると、アルバムをめくっているような気持ちになります。

情報提供書をもって次の病院に行かれると、次の主治医の先生が、引き継ぎましたよという内容のお手紙を下さります。転居されてからのご本人の様子を簡単に教えてくださる先生もみえて、その様子からほっとしたりもします。もちろん、ほとんどがお会いしたことのない先生ですが、先生の誠実な人柄が感じられることもあり、その点にほっとすることも。 

でもやはり、一番うれしいのは、ご本人からのお手紙です。
無事になんとかやっています〜という内容のお手紙を転院されたご本人から、直接いただいたり、転院される最後の診察でお手紙をいただいたり。

いただいたお手紙は、私の「財産」となっています。

転院された皆さん。
生きていると色々な日がありますね。
皆さんが、少しでも平穏な気持ちで、一日一日を終えることができますように・・・。
| - | 長久手メンタルクリニック |
スポンサーサイト
| - | 長久手メンタルクリニック |